女性の自立は恋愛を自由にする

どちらかというと結婚をすると女性は家庭に入るという時代が長く続いてきました。時代はかわり、女性も社会に出て働く機会が増え寿退社を経て、家庭に入る時代もありました。

しかし、今は結婚を理由に仕事を辞める女性は少なくなり、家庭と仕事を両立する人も増えてきました。少しずつ時代時代の常識が塗替わり、かつては当たり前だったことがそうでもなくなっていくのは面白いですね。もう、男性が働いて女性が家庭に入るという概念にとらわれなくてよくなってきたように思います。むしろ女性のほうが稼ぎがよければ、夫が家事全般をやる主夫というジャンルもできたくらいです。双方納得の上なら、夫婦の形はいかようにも変化させられる時代になりました。

しかし、それでも女性は結婚したら家庭に入るものという考えを持った男性も多いですね。そして、そういう人と結婚した女性は家の中で息苦しい思いをして、あげく出会い系サイトに入り浸るようになるような気がしています。浮気というものはかつて男性がするものでしたが、今は人妻も浮気するようになりました。

それだけ男女平等になったということなのかもしれませんね。自分で稼ぐことができていれば、離婚されても困りませんし。夫が浮気した時には妻は多額の慰謝料をもらうということもありましたが、女性が自分で稼ぐことができるようになったいま、金銭面での保証はそれほど期待できなくなりましたが、自立できているほうが恋愛も自由にできるので大した問題ではないかもしれませんね。